74式戦車です

0

     

    74式戦車です

     

     

    今日は豊川駐屯地でおこなわれた66周年記念行事に行ってきました

    初めて戦車というものをまじかで見てとても感動しました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ('_')

     

     

     


    米津の花火2016です

    0

       

      米津の花火2016です

       

       

      天気予報では降水確率が70%という事で雨が心配でしたが予定どおりに米津の花火がおこなわれました

      雨が心配だったのでしょうか例年に比べると人出の方は少な目に感じました

       

       

       

       

      毎年想います

      花火は写真に写すよりも自分の目の網膜に焼き付けた方が良いですね

      花火の美しさは写真では表現しにくいです

      美しいものを美しく撮る、当たり前のものを当たり前に撮る難しさを感じます

       

       

      ('_')

       

       


      ハロウィーンです

      0

        ハロウィーンです


        今日はハロウィーンです
        クリスマス同様に日本国民の多くがにわかキリスト教徒になる日です




        (フリー素材 花鳥風月より転載)

        ハロウィンとは


        キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。
        古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている。ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた。
        これに因み、31日の夜、南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。
        (今日は何の日〜毎日が記念日よりコピペ)


        ハロウィンで想い出すのはハロウィンの日アメリカに留学していた日本人留学生が風俗習慣の違いや言葉が理解出来ずに訪問した家の住民に射殺された事件を想い出します
        銃社会の国アメリカで起きた厳しい現実です
        日本人の感覚ではお祭りは無礼講というのが一般的です




        (^_^.)

         

        茶臼山です

        0

          茶臼山です


          愛知県と長野県と岐阜県の県境にある標高1200m位の山で車で山頂近くまで行く事が出来ます


          山頂の案内図です




          この日は青空がとても美しかったです
          しばしベンチに座って景色を楽しみました
          山国育ちの私には至福のひとときでした




          以前は山頂までの道路は有料でしたが現在は無料で開放されています



          矢作川の源流です
          源流とか原点という言葉に私は弱いのです
          源流という言葉なかなか良い響きです




          茶臼山には何度か来た記憶がありますが岐阜県の伊吹山と勘違いでした
          茶臼山には今回初めての訪問です
          最近は車で1000m級の山に登れるようになり便利な世の中になりました
          一昔前は重い荷物を担いで難儀をして登ったものです

          山頂でのあの感動は言葉では表現でき無い達成感でした

          茶臼山に行く途中に「面の木園地」という場所があります
          野鳥の宝庫の様です
          鳥仲間の間でたびたび耳にする場所です
          場所が分かりましたこれで鳥仲間の会話に入っていけます




          剥製です
          面の木ビジターセンターで撮影です




          この日も楽しい一日を過ごさせていただきました
          健康に感謝です



          (^_^.)

           

          奥三河の紅葉です

          0

            奥三河の紅葉です


            今日は奥三河に紅葉を見に行ってきました
            まだ少し早かったようです
            11月の中旬頃が見頃ではないでしょうか








            山国育ちの私はこの様な景色がお気に入りです
            美しい景色は写真に写すより自分の網膜に焼き付けた方が良いですね
            今日も楽しい一日を過ごしました





            (^_^.)

             

            アサギマダラ&ヤブサメです

            0

              アサギマダラ&ヤブサメです


              数日前に地方紙でアサギマダラの情報が報道されました
              早速私も行ってみました
              大変な人でとても落ち着いて写真撮影などできる状況ではありません
              新聞の威力は絶大です




              ここの場所は蒲郡市内の某所の大久古池の際とでもしておきましょう
              路上駐車をして近所の方から苦情が出ている様です
              ここの地主さんは余り宣伝をしてほしくないようです
              アサギマダラ人気は大変なものです

              午後からは何時もの公園でヤブサメの撮影です




              今日も朝から”アサギマダラ”そして午後からは”ヤブサメ”と楽しい一日を過ごしました
              明日から5日間は仕事週間です
              最近は仕事週間の方が非日常の様なおかしな気分です
              健康で元気に過ごせる事に感謝です





              (^_^.)

               

              スーパームーンです

              0

                スーパームーンです


                今日は一年で一番月が大きくそして明るく見えるスーパームーンの日のようです
                スーパームーンとは月が地球に一番近づく日のようです
                昨日は中秋の名月でした
                中秋の名月とスーパームーンが連続して見られるのは珍しいようです

                ニコン COOLPIX P600の月モード1440mmで撮影したスーパームーンです




                今日はいつも見る月より大きくそして明るく見えたような気がしました





                (^O^)

                選択です

                0

                  選択です


                  米津の花火その3です
                  多くの写真のなかから気に入った写真を選択するのは至難の技です
                  フイルム写真の時は1枚1枚色々と構図とか露出などを考えながら撮影し数枚の中から選択すれば良かったのですが最近のデジタル写真の場合写さえすればなんとかなり数十枚、数百枚のなかから選択しないといけません
                  写真を撮影する技術もさる事ながら気に入った写真を選び出す感性の方が重要な気がします
                  数日後再度見直してみるとまた違った選択をする事が多々あります
                  以下の写真はサムネイル処理してあります画面をクリックすると大きな画像が見れまた違った風に見えます




                  この写真は露出オーバーの失敗作ですが実際はすごい迫力のある美しい場面だったのです
                  私はこの一瞬を美しく撮るのが夢なのです
                  来年の課題です




                  昨年撮影したかった場面でしたが今年はなんとか撮影できました
                  花火の撮影は少し前にシャッターを押さないと撮影できないのが難しいところです
                  まさに運のみの世界です




                  今日のお話の結論です
                  花火は一瞬を楽しむものであまり写真の題材には馴染まないような気がします
                  実物のほうが数段美しいです
                  写真という言葉も漢字では真実を写すと書きますがどうも違う様な気がします
                  美しいものは自分の網膜を通して自分の心の中に写すのが最高の写真のような気がします
                  ”爺さんなかなか良い事言うじゃね〜か”と天の声が聞こえてきます
                  最近の4Kテレビなどは実物よりはるかに美しく映るのです
                  アナログ人間には最近のデジタル社会は馴染みません
                  一昔前のフイルムの時代ならこの程度の写真でも入賞ものでした
                  最近は何事においても一昔前の価値観は通用しなくなってきました
                  老兵は静かに去れですね





                  (^O^)

                   

                  米津の花火 2015 その2

                  0

                    米津の花火 2015 その2


                    米津の花火その2です
                    今回の画像はすべてノートリミングです
                    一昔前のフイルムの写真の時代のひとつ価値観ですね
                    何が言いたいかといいますと写真の出来云々ではなく昼間のロケハンが良かったと言いたいのです




















                    (^O^)

                     

                    米津の花火2015

                    0

                      米津の花火 2015


                      米津の花火です
                      昼に撮影場所をロケハンしての撮影です
                      もう100m下がった方が良かったみたいです
                      来年の課題です




















                      (^O^)
                       

                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM